無限友・永遠&桜 Episode 1 第1話「事件の始まり」

 

「無限友・SF戦記物語」本編の各話のアップはTwitter でもお知らせしています。

 

※この作品はフィクションです。実在の人物や団体などとは関係ありません。 また、科学的な解釈や表現も物語に合わせるために架空の内容が含まれています。

無限友・永遠&桜 Episode 1 序章 第1話 : 2121年10月8日7:10 「事件の始まり」

無限友 永久&桜・SF戦記物語・第1話「事件の始まり」のサブタイトル画像

 

漫画風紙芝居のミリタリーSF戦記物語「無限友 Episode 1 序章」第1話です

 

(全9コマ)

 

【1/9】 2120年10月8日07:10 アメリカ合衆国ネバダ州ネバダ砂漠上空

未来人の攻撃ヘリの内部

 

【2/9】

未来人が純水素爆弾投下

 

【3/9】

謎のワームホールが出現

 

【4/9】

ワームホールに攻撃ヘリが吸い込まれる。

 

【5/9】

ワ-ムホール内の攻撃ヘリ

 

【6/9】

ワ-ムホール出口

 

【7/9】

ワ-ムホールを脱出した攻撃ヘリ

 

【8/9】

攻撃ヘリ着水

 

【9/9】

攻撃ヘリから脱出した未来人達

 

第1話の解説はこのページの下にあります。

 

無限友・永遠&桜 Episode 1 キャラ紹介に戻る

 

第2話に進む

 


第1話の解説

画像の攻撃ヘリコプターについて

ドローン型のヘリコプターです。
自作した模型です。

 

無限友の攻撃ヘリ

 

1/144サイズのオスプレーとほぼ同じ大きさです。
だから一応1/144サイズということにしてます(笑)

 

1/144サイズと言ってもピンと来ない方は、、、鉄道模型のNゲージの縮尺とほぼ同じ位です。

 

純水素爆弾を投下するのに特化したヘリの設定ですが、2120年だったらまだ他にも爆弾を落とす有効な方法があるはずだと思いますが、「ターゲット」と呼ばれていた敵に大きな理由があって、このヘリでないとダメなのです。。。と勝手に決めています(苦笑)

 

それから形が丸っこいのは、ある理由が・・・

 

その理由は Episode 2 で、主人公の一人で設計者の紅永遠(クレナイ トワ)から説明があると思います。

 

ちなみに、もう一人の主人公の風吹桜(フブキ サクラ)は第二話からの登場です。

 

純水素爆弾について

いきなり、純水素爆弾を登場させてしまいました。。。

 

SF戦記物語とは言え、ネバダ砂漠でこんなものを投下したのにはよっぽどの訳があったのでしょう。。。

 

純水素爆弾は核爆弾の一種ですが、現在はまだ実用化されてはいません。

 

通常の水爆との違いは、核爆発後に残る残留放射性物質(放射能)が、現在実用化されている水素爆弾(水爆)より少ないとされているようです。

 

実用化されている水素爆弾は、核分裂→核融合の二段階のプロセスを踏みますが、純水素爆弾ば核融合反応のみの爆弾になります。

 

で、通常の水爆は核分裂物質の高濃縮ウランやプルトニウムなどが必要ですが、純粋水爆はこれらの核分裂物質が必要でないので、残留放射能も少なくなる幾分クリーン?な核爆弾になるそうな・・・

 

こんなもの開発しない、所有しない世の中になってもらいたいものです。

 

プラズマについて

今やプラズマテレビなどで、「プラズマ」は有名になりましたが、「プラズマ」は物質の状態でよく聞く固体・液体・気体の他に物質の第4の状態と言われる電離した気体、すなわち気体を構成する分子が電離し陽イオンと電子に別れて運動している状態です。

 

何やら難しい状態のモノですが、身近なところでは「雷」や「炎」、「オーロラ」も「プラズマ」です。

 

さらに、地球を取り巻く電離層、太陽風、星間ガスなどが「プラズマ状態」であり、宇宙の質量の99%以上はプラズマ状態とのことですから驚きです!!

 

「火」ってプラズマなんですね・・・

 

「無限友」のタイトルや第1話に使った背景画像では室内装飾用の「プラズマボール」の発光も効果の一部に使っています。

 

下の画像で赤い雷のような形をした部分がプラズマボールのプラズマ放電を利用しています。

 

ワ-ムホールの画像

 

フォトショの合成は使っていません。どうやってこの画像を撮影したかは、企業秘密です(笑)

 

宇宙物理学の分野では宇宙全体の構造を議論する上で「プラズマ宇宙論」と「ビッグバン理論」と比較されているようです。

 

「ビッグバン理論」はご存知の方が多いと思いますが、今から138億年に宇宙は極めて小さいある一点から爆発のように膨張を始めたという宇宙誕生から始まる仮説です。

 

でも「ビッグバン理論」では、例えば銀河がどうしてこのような形になっているのか説明が難しいところがあります。

 

一方で、「プラズマ宇宙論」では、「渦巻き銀河」や「グレートウォール(宇宙の大規模構造)」などの成り立ちがコンピュータシュミレーションなどで説明ができるようです。

 

ただし、「プラズマ宇宙論」では宇宙の成り立ちについて全てを説明できる訳ではないようなので、双方の理論を比較して考え合わせると良いかもしれません。

 

でも、宇宙論とかは普段の生活では全く身近ではないので考えることはあまりないのですが、、、(笑)

 

 

無限友・永遠&桜 Episode 1 キャラ紹介に戻る

 

第2話に進む

 

[PR]楽天市場