無限友・永遠&桜 Episode 1 第20話「未来からの言い伝え」

 

「無限友・SF戦記物語」本編の各話のアップはTwitter でもお知らせしています。

 

※この作品はフィクションです。実在の人物や団体などとは関係ありません。 また、科学的な解釈や表現も物語に合わせるために架空の内容が含まれています。

無限友・永遠&桜 Episode 1 序章 第20話 2021年10月12日07:20 「未来からの言い伝え」

第20話「未来からの言い伝え」のサブタイトル画像

 

SF・架空戦記「無限友」の漫画風紙芝居の第20話です

 

(全20コマ)

 

【1/20】2021年10月12日07:20 千葉県四街道市上空

無限友Episode1 第20話での風吹桜の落下傘降下

 

【2/20】四街道市の田園地帯作戦区域

無限友Episode1 第20話での風吹桜の落下傘降下で巨大ロボットの目の前に。

 

【3/20】

無限友Episode1 第20話での73式装甲車

 

【4/20】

無限友Episode1 第20話での風吹桜が弱点を発見

 

【5/20】

無限友Episode1 第20話での風吹桜の足元の地震

 

【6/20】

無限友Episode1 第20話での巨大ロボットの体からクリオネ型が浮遊した。

 

【7/20】

無限友Episode1 第20話での73式装甲車の風吹桜救助

 

【8/20】

無限友Episode1 第20話でのクリオネ体の浮遊と謎の光

 

【9/20】

無限友Episode1 第20話での第1空挺団長と荒勝一佐の会話。

 

【10/20】

無限友Episode1 第20話での航空自衛隊F-2支援戦闘機

 

【11/20】四街道市上空

無限友Episode1 第20話での第4対戦車ヘリコプター隊AH-1Sコブラ編隊飛行

 

【12/20】四街道市の田園地帯作戦区域

無限友Episode1 第20話での第1空挺団LAV搭載TOWミサイルランチャー

 

【13/20】

無限友 Episode1 第20話での巨大ロボットへの総攻撃開始

 

【14/20】

無限友 Episode1 第20話での巨大ロボットのプラズマ砲

 

【15/20】

無限友 Episode1 第20話での航空自衛隊F-35Aステルス戦闘機

 

【16/20】

無限友 Episode1 第20話での対戦車ヘリコプターAH-1Sコブラ編隊

 

【17/20】西側5Km後方・四街道市郊外

無限友 Episode1 第20話での第130特科大隊MALS自走多連装ロケット砲

 

【18/20】四街道市北西部郊外

無限友 Episode1 第20話での風吹桜とジャガー一尉

 

【19/20】

無限友 Episode1 第20話での荒勝一佐

 

【19/20】

無限友 Episode1 第20話での風吹桜とジャガー一尉の戦闘ヘリコプターAH-64Dアパッチ出撃

 

第20話の解説はこのページの下にあります。

 

第19話に戻る

 

第21話に進む

 


無限友・永遠&桜 Episode 1 序章 第20話の解説

プラズマ砲について

Episode 1 第20話では、第1空挺団・荒勝一佐の奇策で追い詰められた巨大ロボットが隠し持っていた機能を披露しました。。。

 

第20話で巨大ロボットがクリオネ体を分離して体を引き上げる。
巨大ロボットがクリオネ体を分離して体を引き上げる。

 

第20話での巨大ロボットのプラズマ砲攻撃
巨大ロボットのプラズマ砲攻撃

 

どうも、異星人は重力をコントロールできる科学技術力を持っているようです。

 

我々人類は、第17話の相対性理論や量子論でもお話したように、重力そのものがまだ良く分かっていません…

 

最初から空を飛ばなかった(浮遊しなかった)のは、恐らくエネルギー消費量が膨大になるからだと思われます、、、

 

で、この巨大ロボットは左右の拳を地中に残してプラズマ砲と思われる火の玉を腕から発射し始めました。。。

 

第18で、未来人ファルファ大尉による巨大ロボットの説明ではこの2つの機能については語られていなかったことから、未来人達もここまで巨大ロボットを追い詰めていなかったのでしょう・・・

 

第18話での未来人ファルファ大尉による巨大ロボットの説明
第18話での未来人ファルファ大尉による巨大ロボットの説明

 

プラズマ砲は、現実では研究されているようですが、実在はしていません。。。

 

まだ、SFの世界の中での話です…

 

プラズマの利用は第1話でも少し記載しましたが、産業用として溶接や溶かして切断する技術に使われています。

 

兵器にするには、プラズマのエネルギーを拡散しないようにしなければなりません。。。

 

さらに、プラズマは周囲にある大気とか何らかの物質に接触すると持っているエネルギーを周囲に放出するのでプラズマ状態に維持するのが難しいのです。。。

 

真空中でも、最初に言ったように拡散しないようにしなければなりません…

 

この架空戦記での巨大ロボットのプラズマ弾は多分、赤い部分がブラズマ弾のコア(核)の部分でその周りの青白い部分でプラズマのエネルギーを拡散しないようにしているものと思われます、、、

 

また、このプラズマ弾の弾速は、対戦車ヘリコプターAH-1Sコブラが避けていますので光線銃のような光速よりも遥かに遅いと思われます。。。

 

第20話での巨大ロボットのプラズマ弾
巨大ロボットのプラズマ弾

 

SFの世界では、荷電粒子砲(中性粒子ビーム砲)とかもあるようですが、、、理論的には可能性があるようですが、、、そのエネルギー源に難があるようです…

 

それから、SFでよく出て来る電磁バリアとか電磁シールードとか…電磁気のローレンツ力なるものを利用するものですが…

 

ボーイング社が特許を申請したとか…

 

これは軍事用以外にも、例えば車の衝突防止とか安全性を高めるのに平和的利用も望めますね。。。

 

ガチの軍事用としては、電磁装甲というのが研究されているようですが、これは電磁バリアとか電磁シールードとかとは原理が違うようです。

 

陸上自衛隊第1空挺団降下傘について

主人公の1人、風吹桜ちゃんは第1空挺団に配属されてからまだ自由降下課程とレンジャー課程をやっていません…

 

風吹桜三尉については、キャラ紹介と第3話での解説「サクラと陸上自衛官の制服について」で触れていますが、第17話でもハウル大尉の質問に答えています。

 

第17話での風吹桜の第1空挺団の訓練経緯
第17話での風吹桜の第1空挺団の訓練経緯

 

配備予定の戦闘ヘリコプターAH-64Dアパッチ・ロングボウから急遽対戦車ヘリコプターAH-1Sに変更になったため、自由降下課程とレンジャー課程をこなす時間が無かったと思われます。。。

 

早いとこやらなければならないのですが…

 

第2話での風吹桜の第1空挺団の訓練経緯
第2話での風吹桜の第1空挺団の訓練経

 

風吹桜は第1空挺団に入隊するために、5週間の基本降下訓練で5回のパラシュート降下をなんとかこなしました。

 

で、今回は一人だけ空挺傘696MI(12傘)での降下をしています。

 

第20話での風吹桜696MI降下傘での降下

 

ジャガー一尉を含む他の5名の第1空挺団隊員は自由降下傘MC-4で降下しています。

 

第1空挺団自由降下
第1空挺団隊員の自由降下
出典元:陸上自衛隊第1空挺団HP・降下訓練・自由降下
第1空挺団自由降下傘MC-4での降下
第1空挺団自由降下傘MC-4での降下
出典元:陸上自衛隊第1空挺団HP・降下訓練・自由降下(www.mod.go.jp/gsdf/1abnb/training/index.html)より引用

 

自由降下傘MC-4はいわゆるパラグライダーで、操縦ができます。

 

一方、空挺傘696MI(12傘)は操縦ができません。

 

第1空挺団空挺傘696MIでの降下
出典元:陸上自衛隊HPフォトギャラリー・教育訓練等(www.mod.go.jp/gsdf/fan/photo/training/index.html)より引用

 

これ、習志野駐屯地第1空挺団の空挺館を見学させて頂いたときに背負いました。。。

 

背中に空挺傘696MI、お腹の下辺りに予備の落下傘を装着します。

 

体の前後に装着するので前後のバランスは取れるのですが、ズッシリと重いです。。。

 

習志野駐屯地第1空挺団空挺館での空挺傘装着体験
習志野駐屯地第1空挺団空挺館での空挺傘装着体験

 

予備の落下傘は、降下スピードが速いので辛うじて死なない程度のものとか…

 

自由降下傘は背中に装着しますが、予備も同じ自由降下傘MC-4が入っているそうです。

 

これは、降下目標に確実に降下するために予備も自由降下傘でなければならないためです。。。

 

第1空挺団の落下傘
第1空挺団の落下傘説明図

 

これら自由降下傘や空挺傘の解説は、こちらのページでも掲載していますのでご覧ください。。。
2017年7月習志野駐屯地第1空挺団の空挺館見学・その1

 

第20話での風吹桜以外の第1空挺団隊員の自由降下
風吹桜以外の第1空挺団隊員の自由降下

 

この日は無風状態だったようで、風吹桜だけがバンカーバスター爆弾を投下した真下、巨大ロボットの埋まっている場所にそのまま降下してしまいまいた…

 

しかしながら、巨大ロボットの真ん前に降下したことで「風吹桜の子孫の言い伝え」どおりになる展開となりました。。。

 

第18話での風吹桜の子孫の言い伝え

 

航空自衛隊F-35Aステルス戦闘機について

ロッキード・マーティンが開発した単座の多用途ステルス戦闘機です。

 

第5世代ジェット戦闘機だそうです。

 

現在、F-35の種類は3タイプ、F-35Aは通常の離着陸型、F-35Bは短距離離陸・垂直着陸型、F-35Cは空母などの艦載機型があるそうです。

 

第20話で登場した航空自衛隊F-35A
第20話で登場した航空自衛隊F-35A

 

BLU-109は、航空機搭載地中貫通爆弾(バンカー・バスター)です。

 

先に米軍でデビューしているステルス戦闘機F-22(ラプター)よりも2回り位小型です。。。

 

大きさでは私の感覚として大人と子供位の差がありそうです。

 

F-35はステルス性が大きな特徴ですが、もうひとつそのアビオニクスがすごいですね!!

 

ヘッドアップディスプレイ(HUD)に代わって、ヘルメットのバイザーに飛行に必要なほとんどの情報を投影して見ることができるようです。。。

 

F-35の機体に全方位を網羅するカメラが装着されているので、搭乗している機体は見えずに体がそのまま高速で空を飛んでいるように見えるとか…

 

計器もタッチパネル式大型液晶カラーディスプレイと無線機の操作パネルや液晶の姿勢指示器がある程度で、従来から比べると超シンプルだそうです。

 

戦闘ヘリコプターAH-64D アパッチ・ロングボウについて

AH-64Aアパッチにロングボウ火器管制レーダーを搭載した戦闘ヘリコプターです。

 

陸上自衛隊攻撃ヘリAH-64Dアパッチ・ロングボウ
陸上自衛隊攻撃ヘリAH-64Dアパッチ・ロングボウ
出典元:陸上自衛隊HPフォトギャラリー・航空機(www.mod.go.jp/gsdf/equipment/air/index.html)より引用

 

ロングボウ火器管制レーダーはAH-64Dの主ローターのマスト頂部の円盤形ドームに入っています。

 

第20話で登場した陸上自衛隊戦闘ヘリコプターAH-64Dアパッチ・ロングボウ
第20話で登場した陸上自衛隊戦闘ヘリコプターAH-64Dアパッチ・ロングボウ

 

AH-1Sと比較すると、エンジンパワーに余裕があることと各段に情報収集能力が向上していますが、特に搭載の対地ミサイルが有線誘導のTOWミサイルから「撃ちっ放し」アクティブ誘導の「おりこうさん」ミリ波レーダを装着したAGM-114 ヘルファイヤーLを8発搭載できることではないでしょうか。。。

 

TOWミサイルとは違い、目標に当たるまで照準していなければならない縛りから解放されて、目標をロックしたら撃って即逃げるが可能です。

 

第20話でのTOW搭載の対戦車ヘリコプターAH-1Sコブラの回避行動と照準問題点
TOW搭載の対戦車ヘリコプターAH-1Sコブラの回避行動と照準の問題点

 

第21話でも、この辺りの解説が必要になると思いますので続きの解説は第21話でしたいと思います。

 

自走多連装ロケット砲MLRS多連装ロケットシステムについて

米国陸軍開発の自走多連装ロケット砲M270、多連装ロケットシステム(Multiple Launch Rocket System:MLRS)です。

 

第20話で登場の自走多連装ロケット砲MLRS
第20話で登場の自走多連装ロケット砲MLRS

 

227mmロケット弾12連装発射機を荷台に背負っています。。。

 

元々は無誘導のロケット弾でしたが、GPS誘導ロケット弾への装備に変更しているとか…

 

最大射程は30Km、4.5秒間隔でロケット弾を発射、12発撃ったら再装填時間に約8分

 

この他に指揮装置搭載車両が同伴することになります。

 

再装填は、ミサイルの入ったコンテナーを交換するようですが、そのためにクレーン機能がある大型のミサイル運搬用弾薬トラックも同伴して運用されるそうです。

 

このお話では、東北方面隊の第130特科大隊が投入された設定にしています。。。

 

 

第19話に戻る

 

第21話に進む


[PR]楽天市場