無限友・永遠&桜 Episode 1 第6話「長い夜」

 

「無限友・SF戦記物語」本編の各話のアップはTwitter でもお知らせしています。

 

※この作品はフィクションです。実在の人物や団体などとは関係ありません。 また、科学的な解釈や表現も物語に合わせるために架空の内容が含まれています。

無限友・永遠&桜 Episode 1 序章 第6話 : 2021年10月8日20:00 「長い夜」

第7話10月9日「長い夜」のサブタイトル画像

 

漫画風紙芝居のミリタリーSF戦記物語「無限友 Episode 1 序章」第6話です

 

(全14コマ)

 

【1/14】2021年10月8日20:00 稲敷付近

霞ヶ浦でOH-1ニンジャ観測ヘリが巨大ロボットを監視

 

【2/14】

閣議での対応決定内容

 

【3/14】

未来人ファルファ大尉と荒勝一佐の会話

 

【4/14】

無限友Episode1第6話での未来人達の会話

 

【5/14】

未来人の光学迷彩スーツでの脱走計画

 

【6/14】

未来人・マーサが光学迷彩スーツを誤使用

 

【7/14】

マーサ軍曹の反省

 

【8/14】

未来人・ファルファ大尉の事情聴取

 

【9/14】

未来人・紅永遠の事情聴取

 

【10/14】

吉野桜子への風吹桜のお願い

 

【11/14】

吉野桜子が衝撃吸収材加工

 

【12/14】

米陸軍第1騎兵師団のテキサス州司令部プランク将軍

 

【13/14】

米陸軍第1騎兵師団のアレン少佐への命令

 

【14/14】2021年10月8日23:00 霞ヶ浦・稲敷湖畔

陸上自衛隊第1空挺団による巨大ロボット監視

 

第6話の解説はこのページの下にあります。

 

第5話に戻る

 

第7話に進む

 


第6話の解説

観測ヘリOH-1ニンジャについて

OH-1は2000年から運用が開始された陸上自衛隊の国産観測(偵察)ヘリコプターです。

 

陸上自衛隊の観測ヘリコプターOH-1ニンジャの画像
陸上自衛隊の観測ヘリコプターOH-1ニンジャ
出典: 陸上自衛隊HP・フォトギャラリー
観測用ヘリとして、その機体と装備はなかなかの性能です。

 

映画「シンゴジラ」で登場していましたね。。。

 

低空から偵察し、地上攻撃部隊やAH-1S対戦車ヘリ部隊に最新の情報を提供するシステムを搭載!!

 

OH-1の観測用サイトは一体化した赤外線センサー、可視光線カラーテレビ、レーザー距離測定装置がコックピット上部に搭載されていて夜間でも観測が可能!!

 

サイトがコックピット上部にあるので機体を樹木などに身を隠してサイトだけを樹上にニョキッと出して観測できる!!
(ロングボウ火器管制レーダー搭載のAH-64Dアパッチ・ロングボウもそうですが…)

 

パイロットが操縦桿から手を放しても自動のバランス保持でホバリング!!

 

テールローターは低空飛行のとき樹木などに接触しないようにダクテッド方式(機内埋め込み式)!!

 

なので、極低空を高速で飛行する隠密行動に適している!!

 

機首を上に向けた垂直上昇、80度の急降下、宙返り、後ろ向き宙返りなどのアクロバット飛行が可能な機動性!!

 

前方から射撃されたときの被弾率を下げるため(生存率を高めるため)、AH-1Sと同様の縦列複座(タンデム)式のコックピットで胴体幅はほぼ1m以内に幅を狭くしている。

 

敵のヘリなどに発見されたときの自衛攻撃手段として、左右の安定翼下に自衛用の短射程空対空ミサイル(91式携帯地対空誘導弾SAM-2)を2連装ランチャーで搭載可能(合計4発)
翼下には燃料の増槽2基を標準装備!!

 

なかなかの曲者です!!

 

警務隊での取調べについて

陸海空自衛隊で警務に携わる自衛官の呼称等(警務官など)はそれぞれ違いはあると思われますが、この架空戦記物語での陸自警務隊の担った役割を説明したいと思います。

 

荒勝一佐と未来人・ファルファ大尉の会話

 

警務隊は、自衛隊内の治安維持のため、自衛隊内で起こった犯罪について捜査や逮捕を行う権限を持ちます。

 

この架空物語では、警視庁と防衛省は事件の特殊性を鑑み共同捜査の協議をして陸自の警務隊が彼女達の取調べを行うという設定にしました。

 

ですから、警察は被害の捜査、陸自警務隊は6人の取調べというように捜査のスミワケをしています。

 

警務隊の捜査は、彼女達6人に対して防衛機密(動機や侵入方法の取調べ等)や米軍のものかも知れない軍事機密(彼女達の装備等)に関わる捜査をするということにしています。

 

第1空挺団は、「災害派遣活動」の範疇で適切な「必要最低限の武器使用」、武器使用によって新たな「二次災害と損害を発生させない」という制約された中で未知の巨大ロボットを退治する役割になっています。

 

ここいらへんの設定についてはブログのほうでも記載しました。

 

「今日も匍匐前進・ブログ」のリンク「無限友」2017年7月26日に第6話アップしました。

 

未来人達のスーツの機能(光学迷彩と耐放射線)

映画「プレデーター」で人間狩をしている異星人が透明になっていましたね。。。

 

光を屈折させたりして周りの情景に合わせて透明になったように見せる迷彩技術です。

 

この光学迷彩の技術を東京大学も開発研究をしているとか…

 

米軍もマサチューセッツ工科大学に研究開発依頼しているとか…

 

実際に開発されたとき、悪用されないように開発した人(機関)は十分に注意して下さいね。。。

 

以下の文章は全くの架空で設定した内容になります。

 

この架空物語では、濃紺のスーツ、頭巾と手袋、靴の表面に付けられた無数の超微細なカメラのようなシステムで情景を撮り、体の反対側にそのまま映し出すことで、透明になったように見せるシステムにしました。

 

なので、カメラのモードを切り替えると、スーツの中身(体)を撮りスーツの表面にそのまま映し出すとスーツが透明になった状態に見えます。。。

 

食事中にマーサ軍曹が光学迷彩で消える。

 

これはスケベ心で設定したのではなく、女性兵士が男の敵に捕らえられたとき一瞬の隙を作り相手を倒すか脱出するのにきっと絶大な有効手段になると思ったからです。(笑)

 

相手が女性だったら効果は小さいと思います。(苦笑)

 

なお、頭巾は背中側の内側に収めています。

 

それから、スーツが濡れていると効果は半減します。。。

 

また、ファルファのサングラスは光学迷彩機能で透明に見せても、スーツの水色(空軍)や緑(陸軍)のラインが見えて、味方を識別できる設定です。

 

民間人のトワの赤いスーツにはこの機能は付いていません。

 

赤いスーツは対放射線対策に特化した耐放射線スーツで、鉛合金箔が布にラミネート加工されている設定です。

 

ですから、かなり重いはずです。

 

トワはスーツが重くて肩が凝るので、さっさと袖とハイネックの部分を取り外したかったのが本音かもしれません。(笑)

 

濃紺色のスーツは機動性を重視するために、厚みが半分の鉛合金箔が布にラミネート加工されている設定です。

 

衝撃吸収材

 

風吹桜が桜子に衝撃吸収材の加工を頼む。

 

衝撃吸収材はゴムや発泡ウレタンのようなものから、「ソルボセイン」という商品名で販売されている医療用途にも使用されるものが有ります。

 

この「ソルボセイン」は三進興産株式会社から販売されていますが、粘弾性高分子化合物との説明で「人工筋肉ソルボセイン」ともアピールされています。

 

「ソルボセイン」の厚みにもよると思いますが、4、5mmの厚みの物で「たまご」を50cmの高さから落としても、割れないとか・・・

 

オーディオのスピーカーの下にインシュレーターとして振動吸収にご利用されている方も居るかと思います。

 

 

第5話に戻る

 

第7話に進む

 

 

[PR]楽天市場