無限友・永遠&桜 Episode 1 第7話「稲敷」

 

「無限友・SF戦記物語」本編の各話のアップはTwitter でもお知らせしています。

 

※この作品はフィクションです。実在の人物や団体などとは関係ありません。 また、科学的な解釈や表現も物語に合わせるために架空の内容が含まれています。

無限友・永遠&桜 Episode 1 序章 第7話 : 2021年10月9日00:00 「稲敷」

第7話10月9日「稲敷」のサブタイトル画像

 

漫画風紙芝居のミリタリーSF戦記物語「無限友 Episode 1 序章」第7話です

 

(全10コマ)

 

【1/10】2021年10月9日00:00 稲敷

第1空挺団の巨大ロボット監視・深夜

 

【2/10】 

第1空挺団の夜間空挺降下

※この画像の背景は陸上自衛隊HPフォトギャラリー教育訓練等に掲載の第1空挺団降下訓練の画像を引用し加工しています。www.mod.go.jp/gsdf/fan/photo/training/index.html

 

【3/10】

10式戦車配備

 

【4/10】

巨大ロボット監視・夜明け前

 

【5/10】

作戦ブリーフィング

 

【6/10】

AH-1Sコブラ出動

 

【7/10】

AH-1Sコブラ離陸

 

【8/10】

AH-1Sコブラの観測任務

 

【9/10】

H-1SコブラとOH-1ニンジャの合流

 

【10/10】

巨大ロボットによる被害状況

 

第7話の解説はこのページの下にあります。

 

第6話に戻る

 

第8話に進む

 


第7話の解説

稲敷について

巨大ロボットが霞ヶ浦から上陸した場所は、茨城県稲敷市の霞ヶ浦湖畔になります。

 

架空物語とは言え、稲敷市のみなさん突然の避難やロボットが家屋や農地を荒らしてすみません。

 

巨大ロボットが稲敷上陸

 

風吹桜,稲敷,対戦車誘導弾,TOW,FGM-148,ジャベリン,第1空挺団,AH-1S,コブラ,フラワーバスケット,コールサイン

 

この架空戦記では、後に架空の自衛隊さんが速やかにちゃんと復興作業しますから許してください。。。

 

稲敷という地名だけで言うと結構広い地域になりますね。

 

と言うのは、、、霞ヶ浦の南端に稲敷市、北西方向に稲敷郡美浦村、稲敷郡阿見町があって霞ヶ浦の南西部分を取り囲むようにあります。

 

さらに、稲敷市の西に稲敷郡河内町があります。

 

稲敷郡阿見町は旧海軍の予科練で有名ですね。

 

現在の阿見町には、陸上自衛隊土浦駐屯地、陸上自衛隊武器学校、陸上自衛隊霞ヶ浦駐屯地(霞ヶ浦飛行場)、陸上自衛隊朝日分屯地(霞ヶ浦駐屯地の分屯地)、
航空自衛隊霞ヶ浦分屯基地、防衛装備庁航空装備研究所土浦支所があります。

 

ジャガー一尉とサクラ三尉の対戦車ヘリAH-1Sコブラは霞ヶ浦駐屯地の霞ヶ浦飛行場から飛び立っています。

 

対戦車ヘリAH-1Sコブラが霞ヶ浦飛行場離陸

 

対戦車誘導弾について

狙った標的に対して弾を誘導して確実に当てるようにしたのが誘導弾(ミサイル)です。

 

この架空物語で出て来る対戦車誘導弾は、3種類あります。

 

なんとまあ! 人間はいろんな兵器を考え出して開発してしまいますね・・・

 

①有線誘導ミサイル:TOWヘルファイア

 

米国製の対戦車ミサイルで、威力は大きいです。

 

1/6サイズのTOW模型

 

ミサイルと発射機(筒)は二本のケーブルで繋がっています。

 

射程距離は3.5Km位(こんだけの長さのケーブルが二本付いているということです!)

 

誘導は半自動指令照準線一致誘導方式(なにやらややっこしい)、要は発射されたミサイルが標的に向かって照射する光と発射機の照準のズレを修正しながら誘導して標的に当てる方式です。

 

ですから、標的にミサイルが当たるまで照準手はずっと標的を照準してなければならないのです。

 

対戦車ヘリAH-1Sコブラにも装備されています。

 

AH-1Sの武装TOWとロケット
手前の4本の筒状の発射機にTOWが装着されます。
2017年下志津駐屯地つつじ祭りで撮影

 

最大8発搭載できますが、当たるまでじっとホバーリングして狙っていなければならないので、敵の対空兵器にやられてしまうリスクがあります・・・

 

ちなみに現在、ケーブル無しのTOWを開発中とか・・・

 

②FGM-148 ジャベリン

 

これも米軍が開発した歩兵携行式多目的ミサイルです。

 

1/6サイズのジャンベリン模型・その1

 

このミサイルは、画像赤外線シーカーとミサイル搭載のコンピュータによって事前に射手がロックオンした標的に向かって自律して飛んで行く「おりこうさん」です。

 

1/6サイズのジャンベリン模型・その2

 

風吹桜,稲敷,対戦車誘導弾,TOW,FGM-148,ジャベリン,第1空挺団,AH-1S,コブラ,フラワーバスケット,コールサイン
「撃ちっ放し」ミサイルなので、ロックオンしてミサイルを発射したら、「それっ!隠れろ!!」ができます。

 

第1空挺団先遣偵察隊が2発所持している設定にしています。

 

③01式軽対戦車誘導弾

 

陸上自衛隊が装備している国産の個人携行式対戦車ミサイルです。

 

新利根川、利根川間に防衛線を張っている第1空挺団第1大隊が装備している設定にしています。

 

ジャンベリンとシステム的に似た赤外線画像誘導を採用している「撃ちっ放し」おりこうさんミサイルです。

 

敵車両などから発する赤外線を検知してロックオンします。

 

フラワーバスケットって?

「フラワーバスケット」は、私が勝手に付けたものでジャガー一尉とサクラ三尉が搭乗したAH-1Sコブラのコールサインです。

 

ジャガーは「杜若あやめ」、サクラ(千歳飴)は「風吹桜」が本名で花の名前なので、「フラワーバスケット」(花篭)にしてしまいました(笑)

 

でも、あまり勇ましくないですね・・・(笑)

 

観測(偵察)で一緒に行動している木更津第4対戦車ヘリ隊所属の観測ヘリOH-1のコールサインは「ニンジャ03」にしています。。。

 

 

OH-1の無線でのコールサイン
RAJKは霞ヶ浦飛行場のICAO空港コードです。

 

ちなみに、
AH-1SやOH-1は席が直列に並んだダンデム型と言います。

 

ガナー席は前の席で武装の操作を主にします。操縦も右手側の横に操縦桿が付いているので出来ます。

 

後ろの席は操縦席になります。

 

 

第6話に戻る

 

第8話に進む

 

[PR]楽天市場